コラム
全員閲覧可能
2024-01-19 11:45

明確に減少傾向にあるMRの状況と、今後の転職・キャリアの方向性

明確に減少傾向にあるMRの状況と、今後の転職・キャリアの方向性
「このまま続けて大丈夫?」と悩み、転職する方が増えているMR。キャリアプランに悩んでいるMRへ、業界の将来性や検討可能な転職先についてご紹介します。

1.MRがキャリアプランを考える時、考えなければならない概況

こんにちは。当サイトMedical Career Platform(以下、MCP)を運営している人材紹介会社 吉原です。弊社は製薬関連を中心としたメディカル業界を専門としており、また私自身転職エージェントとして10年以上活動しており、MRの方の転職支援、キャリア支援も数多く行ってきました。そのMRの方からは、

「このままMRを続けていて大丈夫だろうか?」

というご相談をよく受けます。このコラムは、そのような心配をお持ちのMRのキャリアや転職についてご説明いたします。

 

まず、MRをとりまく市場環境についてご説明します。

MRの採用人数や募集企業は減少傾向があります。「MR白書」によると2013年の65,752人をピークに年々減り、2022年にはMR数が49,682人と、5万人を下回りました。

(出典:MR白書「2023年版 MR白書 -MRの実態および教育研修の調査-」)

 

このような状況でMR不要論まで聞こえてくるなか、多くのMRの方々が、MRという仕事にやりがいを感じつつも、MRをこのまま続けていくべきか、キャリアチェンジをすべきか、悩まれています。

 

MRとしての将来を考える際、まずMR活動、さらにはMRのキャリアに大きな影響を与える要因を整理し、把握したいところです。

以下、筆者の知見に基づく整理になります。

 

A.厚生労働省の動向

・ジェネリック使用の推進

・薬価引き下げ

 

B.製薬会社の動向

・プライマリー大型製品の減少

・コンプライアンス強化による役割減少

・CSOへの外注

・デジタルマーケティング(DX)の進展

・他部門への異動枠の狭まり

・組織のフラット化による管理職ポジションの減少

 

C.医療機関の動向

・MRに対する訪問規制

・医師のデジタル化(≒リアルでの面談回避)

 

D.自身の動向

・ライフイベント:結婚、出産、育児/子供の成長、介護等

 

このような背景があるなかで、多くのMRの方が悩ましく思われている事項をピックアップして、以下でご説明します。

 

 

2.MR経験者がキャリアプランで悩むポイント ①MRの役割の狭まりから必要人数が減っている

 

筆者はこの業界に2000年頃から関わっていますが、ここ数年のMRの役割の狭まりは本当に顕著です。上記「MR活動、さらにはMRのキャリアに大きな影響を与える要因」のなかで、転職エージェントとしてMRの皆さんからよく意見を求められる3つの事項について、ご説明します。

 

a.薬価引き下げによる収益性の低下

b.コンプライアンスの強化

c.病院訪問規制と、医師のデジタルへの慣れ、医薬品プロモーションのDX化

 

a.薬価引き下げによる収益性の低下

元々日本における薬価は、薬価制度に守られている反面、欧米に比し高い薬価がつきにくく、日本市場の魅力を下げる要因となっています。そこに加え、薬価改定の制度による薬価の引き下げ、さらに2021年からは価格乖離(薬価と納入価の差)の大きな品目について、薬価改定を実施する中間年改定が行われることとなり、製薬会社にとってはますます薬価の維持が難しい状況にあります。

薬価の問題だけではないですが、このように市場を縮小させる力が働くことから、内資製薬会社でさえ海外シフトは鮮明で、武田薬品の2022年度の日本国内売上は前年度比マイナス20%超。全世界での売上が4兆円を超えるなかで、日本国内は約5千億円(売上比率にして15%未満)、かつ地域別で売上が落ちているのは日本だけという状況です2)。

アステラスも同様で、全世界における日本国内売上高比率は20%を切っており、2018年には2500名に迫る人数がいたMRは、2022年には半減しています。

このように、薬価引き下げは、MRの必要数に明確に影響しています。

 

b.コンプライアンスの強化

冒頭でも述べた通り、不適切なプロモーションを防ぐというコンプライアンスの観点からガイドラインやプロモーションコードがますます厳しくなり、MRがやってはいけないことも増えていく傾向は止まりません。MRにできることが減れば、理屈上はこれまでの通りのMR数の確保は必要ないということになります。

何より、MR自身、創意工夫をして医師や患者さんに貢献しようとする自由度が低く、やりがいを感じにくくなっています。

 

c.病院訪問規制と、医師のデジタルへの慣れ、医薬品プロモーションのDX化

各製薬会社がディテーリングの回数を追い求める行動量の営業を追求した結果、そのことを医療機関側が問題視し、MRに対する訪問規制を行う病院が増えています。

(そもそもの世の中の流れもありますが)リアルでのディテーリングが難しいことに対し、製薬会社はwebマーケティングを強化し、医師のデジタルへの慣れも進み、急速にデジタルでの医薬品情報の提供活動が進みました。

特に、コロナ禍ではほぼ面会禁止状態になった際、web上でのコミュニケーションが大きく進展し、このことからもMRの業務をwebに移し替えていく流れが強まりました。

 

3.MR経験者がキャリアプランで悩むポイント ②MRの働き方でずっと続けられるか不安

前段のMRを取り巻く環境の問題に対し、ご自身のライフスタイルや将来のキャリアプランから、MRの働き方自体に悩まれる方もいます。特に、結婚や出産などのライフイベントに直面したとき、あるいはそれらをリアルに考え出したときに明確な悩みとなって立ち現れてくることとなります。

主には下記のような悩みが多いです。

 

a.売上目標達成へのプレッシャーがある

b.常に全国転勤があり、将来設計がしづらくなる              

c.長時間労働があり、体力がきつくなる

 

a.売上目標達成へのプレッシャーがある

営業職として当然のことではありますが、競合品の多いプライマリー領域では厳しい市場環境のなかで高い売上目標を追いかけなければいけません。また、オンコロジー領域の一部では、プライマリー領域のような状況になりつつあると、複数のオンコロジーMRの方がおっしゃっています。

そのうえ、ジェネリックの使用率の高まり、薬価引き下げなどが行われるなかで、以前と変わらない高い営業数値目標を追わなければいけず、以前にもまして売上目標達成へのプレッシャーは厳しいものになっています。

そのような状況のためか、転職を検討されているMRの方の相談に乗ると、

「ディテーリングの質の向上をという建前は掲げたまま、結局はコール数をひたすら追うことを求められるのは、きついし、やりがいを感じられない」

といったことをおっしゃる方は多くいらっしゃいます。

そしてそうおっしゃる方は、ガムシャラに働くことができる若いうちはいいが、これをずっと続けるのはどうかな? と思われています。

 

b.常に全国転勤があり、将来設計がしづらくなる

常に転勤の可能性があることが、MRから異業種・異職種への転職を考える理由の大きな理由になっています。特に結婚を考えるタイミング、その次にお子さんが生まれる前後くらいのタイミングで、この「全国転勤が常にある」という働き方を考えることとなります。前者は、パートナーの方が転勤に都度ついてきてくれるかどうかという問題が発生します。後者ではお子さんに転園や転校をさせてしまうという問題が発生します。

 

c.長時間労働があり、体力がきつくなる

 

朝早く卸/特約店に伺い、その後医療機関まわりが18時くらいまで続き、夜営業所(あるいは自宅)に戻り営業日報作成と、翌日の営業準備といったサイクルで日々の時間が過ぎていくMRは、拘束時間は長くなりがちな職業です。

さらに医師からの急な呼び出し、研究会や講演会などが土日にあれば出勤など、全体として長時間労働になりがちです。

 

 

4.MR経験者がキャリアプランで悩んだ時、とれるキャリアの選択肢とそのメリット/デメリット

上記のようなMR特有の悩みを解消できるキャリアの選択肢はあるものでしょうか? そして、上記のような悩みをきっかけに転職を考えた時、異業種・異職種の多くは、年収が大幅に下がるため、ますます悩ましく思う方がほとんどです。

そういった収入面も踏まえ、MR経験者が取れるキャリアの選択肢をご説明します。

*下記表内の転職時年収に関しては、弊社の実績等から転職時のおおよその年収上限を記載しています。また、みなし残業代込みでの提示となる会社もあるため、全て残業を毎月20~30時間程度行ったと仮定した概算額としています。ですので、選考での評価や初年度の残業量次第で、上下する可能性があることはご了解ください。また、あくまで転職時初年度の年収であり、将来的な年収upは各職種当然見込めることもご理解ください。

 

(1)現勤務先のなかでのキャリアチェンジをする

現勤務先のなかでのキャリアチェンジ(=異動)は、なんと言っても基本的な給与収入があまり変わらないことです。ただし、営業職から離れると営業手当がなくなる、外勤日当がなくなるなど、多少の一定の減収になる場合が多いようです。

そのうえで、特に本社に異動となれば、転勤がなくなり、職種によっては日々の数字に追われなくて済むといったこととなります。

 

以下、キャリアチェンジ先の主な例です。

 

職種 業務内容 異動時年収
マーケティング

・どう自社製品を市場に浸透させるか

・どう適切に使っていただくか

といった製品戦略の立案などを行います

*社内規定を確認願います
営業企画

営業組織設計、MRの配置検討、オペレーション設計(ディテーリング等の設計)、効果測定などをお行います

*社内規定を確認願います
MRトレーナー MRの研修企画及び実施管理、ときに自身で講師も行います。 *社内規定を確認願います
MSL 自社製品のサイエンス面でのポジショニングを確立・向上させることを目的に、主にKOLと疾患やその治療について議論、自社製品の価値向上に有益な情報の収集などを行います。 *社内規定を確認願います
学術 医師やコメディカル、自社MRからの自社製品などについての問い合わせへの対応、文献などの収集などから自社製品のマーケティングやメディカル活動へのインプットなどを行います。 *社内規定を確認願います

 

 

その他、コンプライアンスや、人事・採用職などもMRから異動される方は一定数いらっしゃいます。社内で公募が出ているポジションで、MRが応募要件に入っているが、そのポジションや部署の業務がわからないという場合、社内の方に聞きにくければ、ぜひ人材紹介エージェントに問い合わせてみてください。

 

(2)他社MRへ転職する

 

1)他製薬会社でのMR

他製薬会社のMRに移る場合、場合によっては年収が上がる、初任地については交渉の余地があるといったメリットがあります。

 

2)CSOでのMR

比較的若い方であれば、年収もあまり変わりません。また、疾患領域等に関し、経験不問のポジションも一定数あり、プライマリー領域のMRの方が、オンコロジーや希少疾患などの今後市場が広がる領域の経験を積む場とできる点もメリットです。また、初任地もある程度交渉の余地があります。

 

上記のように色々とメリットはありますが、一方でそもそものMRとして悩みである「役割の狭まり」「働き方」の問題は変わらず残ることとなります。

 

(3)MR経験を活かし、製薬関連業界内で、異職種へ転職する

製薬関連業界内で、異職種へ転職する選択肢を紹介します。

大きくは下表のように、治験関連職種と製造販売後後関連職種に分けて考えると整理しやすいかと思います。

 

1)治験関連職種

職種 業務内容 転職時年収上限(残業代込)
臨床開発モニター(CRA) 新薬開発において、治験を実施する医療機関で、治験データの収集と、的確に治験が実施されているかの確認(=モニタリング業務)を行います。 ~550万
治験コーディネーター(CRC) 治験を実施する医療機関側で、医師や患者さんのサポート、治験関連の書類作成やデータ管理を行います。 ~430万
治験事務局担当(SMA) 治験を実施する医療機関にて、製薬会社からの治験実施依頼への対応、契約手続き、進行している治験の事務的な管理、治験審査委員会の運営サポートなどを行います。 ~430万
データマネジメント 新薬開発において、治験で収集する臨床データの入力画面・システムやデータベースの構築、収集された治験データのチェックを行います。 ~525万

 

 

2)製造販売後関連職種

職種 業務内容 転職時年収上限(残業代込)
MSL(コントラクト) *業務内容は上記「MSL」と同様。たdし、CSOで社員として雇用され、製薬会社に派遣される形なります。製薬会社内で勤務するため、MSLとしての仕事内容は製薬会社社員と変わりません。 ~850万
臨床研究モニター

新薬上市後、治験データでは不足するエビデンスを得るための臨床研究におけるモニター業務を行います。

*モニタリング業務については上記「臨床開発モニター(CRA)」を参照

~600万
PMSモニター 製造販売後調査における、医療機関選定・契約、調査票の回収とその確認などを行います。 ~550万
安全性情報管理(PV) 収集された有害事象症例に関し、医師の評価(未知/既知、重篤/非重篤、被疑薬との因果関係など)が適切かなどを確認し、当局などへの報告書を作成するなどを行います。 ~470万
メディカルライター 製薬会社がプロモーションに使う製品パンフレットや製品サイトの記事、時には患者さんむけのパンフレットなどのライティングを行います。 ~600万
製薬会社webマーケティング支援 製薬会社が行うwebマーケティングの戦略立案、実行支援を行います。製品単位での支援が多いですが、ときに製薬会社のマーケティング/セールス部音のDX化の支援まで行います。 ~650万
製薬会社向けマーケテイングリサーチ 製薬会社が行うマーケティングリサーチ(市場調査)を代行します。リサーチテーマの検討、リサーチ企画、実際のリサーチの実施、リサーチ結果の集計・分析などを行ったうえで、レポート作成を行います。 ~650万

 

(4)MR経験を活かし、他業種へ転職する

職種 業務内容 転職時年収上限(残業代込)
製薬/医療業界専門の経営コンサルタント 製薬会社や医療機関の経営課題の解決策立案、実行支援などを行います。 ~700万
医療機器営業 医療機器を医療機関に案内する営業となります。 ~700万
製薬/医療業界専門の人材紹介コンサルタント 製薬業界の企業と、求職者をマッチングさせる仕事となります。 ~600万

 

経営コンサルタントは、ハードワークですが、年収が比較的高く、また将来、様々なところで活躍できる高いスキルを得られます。

 

医療機器営業や、人材紹介コンサルタントは、会社にもよりますが、インセンティブがかなりつくため、高年収のMRにとって、年収をある程度維持するには良い職種です。

また、筆者は専門外なので具体的な情報を持ち合わせていないのすが、生命保険会社や不動産会社での営業職も同様にインセンティブが高い場合が多く、MRから転職される方は一定数いらっしゃいます。

 

ただ、これらは数字に追われるという面は解消しない点は難点です。

 

 

5.転職するならいつまでに?

 

以上、ご案内した通り、MR自体を取り巻く環境は厳しくなっていますが、MR以外のキャリアに目を向ければ多くの選択肢があります。

ただ、異業種・異職種に転職されている方の多くは30歳まで、遅くとも35歳くらいまでには転職されています。というのは、MRは他業界からは、

・個人向け営業に近い(法人営業経験とはみなされない)

・ワード、エクセル、パワーポイントなどでの資料作成スキルが低い

・費用交渉という重要な営業スキルがない

とみられていることが多く、即戦力として期待される30代以上の方だと営業経験として物足りないという評価されているためです。

ですので、20代後半で一度は真剣にご自身のキャリアを考えるという時間を持たれると良いと思います。

 

ただ、30歳前後で異業種・異職種に転職すると、有名コンサルティング会社など一部の企業を除き、大抵は100万から200万程度は年収ダウンとなってしまい、悩ましいところです。

ですので、転勤などを受け入れ、営業所長、さらには支社長を目指す覚悟を決めるというのも良い選択肢です。大手製薬会社の営業所長、さらには支社長(エリアの責任者)ともなれば2000万近くの年収を得られる方もいらっしゃいます。今の大変さを補える十分な報酬だと思いますので。

 

なお、他製薬会社のMRへの転職は35歳くらいまでの方が多いというのが実態です。年に数件、40代、50代向けのポジションも出てきますが、「特定の疾患での大学病院担当経験必須」など、かなりハードルが高い場合が多く、それでも応募が殺到し、高い倍率になるという傾向です。

 

6.まとめ:MRのキャリアが多様化する中での悩みは、業界特化型のエージェントに相談しよう。

これまで説明してきたとおり、MRのキャリアプランは多様化しています。様々な選択肢がとれる中、何が自分に合っているのかさらに悩みを深める方も多いかもしれません。そんな時はぜひメディカル・コンサル業界の転職に高い専門性を持つinspireの専門コンサルタントにご相談ください。あなたにとって最適な選択を選ぶサポートをさせていただきます。

 

 

1)厚生労働省 医薬品製造販売業者等が行う医薬品等の販売に関する情報提供の適正化について
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000203048.pdf

 

2)武田薬品工業株式会社 四半期フィナンシャルレポート 2023年3⽉期
https://assets-dam.takeda.com/raw/upload/legacy-dotcom/siteassets/jp/home/investors/report/quarterly-announcements/fy2022/qr2022_q4_qfr_jp.pdf

 

 

●執筆者:inspire株式会社 代表取締役 吉原 貴

 

大手人材派遣会社での新規事業立ち上げ(製薬関連)、製薬関連企業(CRO)での営業企画・人事・経営企画、戦略/人事系コンサルティング会社でのコンサルタントなどを経て、inspire㈱を立ち上げる。

人材紹介コンサルタントとして多くのメディカル人材の転職支援実績を持つ。また、キャリアカウンセラー/コーチとしてキャリア全般の支援も行っている。

また、このMedical Career Platformの運営にも携わる。

キャリアカウンセリング申込

≪資格≫

2級キャリアコンサルティング技能士(国家資格)

キャリアカウンセラー(JCDA認定)

 

関連するコラム

CROと製薬会社で、CRAは何が違うのか? 製薬会社のCRAで内定を得るには?

CROから製薬会社への転職に成功された方へのインタビューです。CROと製薬会社でのCRA業務、臨床開発業務の違い、製薬会社の選考を通過するポイントなどを伺いました。

株式会社アスパークメディカル 採用ご担当者様インタビュー(2/2) ~「派遣×受託」のハイブリッドCROで、他にはないCRAのキャリアの可能性を提供~

 前回、株式会社アスパークメディカル(以下、アスパーク)の、派遣事業と受託事業のそれぞれの状況を詳しくお伺いしました。その内容を踏まえ、今回は特に、派遣事業と受託事業の両方に力を入れているアスパークでこそ実現できる、CRAのキャリアの様々な可能性、特に様々なライフイベントを抱える女性にとってのキャリア設計の柔軟性について話を伺いました。

そのキャリアの悩み、転職エージェントへの相談で大丈夫?

キャリアに関する相談を、転職エージェントではなく、コーチや(キャリア)カウンセラー、に相談するという選択肢もあります。そのコーチングやカウンセリングについて説明します。

未経験の仕事、CRAへの挑戦 内定者インタビュー

inspire株式会社がサポートさせていただいて、臨床検査技師から内資大手CROのCRAへご転職をされたFさんに、転職時に行った準備や入社後の実情を伺いました。

バイオベンチャーの社長に伺う、必要なマインド ~株式会社レストアビジョン様CEO 堅田侑作様 インタビュー~

大学発バイオベンチャーである株式会社レストアビジョンの代表取締役CEO堅田 侑作様に、会社のご紹介に加えてバイオベンチャーで必要なマインドを伺いました。

株式会社アスパークメディカル 採用ご担当者様インタビュー(1/2)~「派遣×受託」のハイブリッドCROで、他にはないCRAのキャリアの可能性を提供~

株式会社アスパークメディカル(以下、アスパーク)は、CRAを中心に臨床開発やPV関連の人材の派遣をメイン事業としたCROとなります。一時期に比し、派遣に注力するCROが減っていくなかで着実に事業を拡大している点は、市場から評価されている証かと思います。

関連するセミナー・イベント

【無料】未経験者向け CRC /SMA(治験事務局担当) 職種説明会
受付終了 非会員も参加可能

【無料】未経験者向け CRC /SMA(治験事務局担当) 職種説明会

2024年1月17日(水) 19:00〜21:00

CRC/SMA(治験事務局担当)について 医薬品開発のなかでも臨床試験/治験は、今ない治療薬を作るために実際に人(患者さん)に投与し、有効性や安全性を確かめる仕事です。多くの患者さんはもちろん、特に治療法が(ほとんど)ない希少疾患を抱えている患者さんに希望を提供する仕事なります。   その臨床試験/治験のなかでCRCは、治験を実施する施設にて、医師の指示のもと、以下のような治験業務全般のサポート業務を行います。 ・治験に参加している患者さんの補助 ・医学的判断を伴わない業務 ・事務的業務(治験関連文書作成・保管、臨床データの入力等) ・業務を行うチーム内の調整(薬剤部や検査室との調整等)    等   一方でSMA(治験事務局担当)は、医療機関での治験運営の全体的な事務管理を行う、治験事務局に所属する担当者です。以下のような業務を行います。 ・製薬企業等からの治験の受付 ・患者さんの安全面等の観点から、治験の実施可否を検討する治験審査委員会(IRB)の運営管理、個々治験の契約関連の手続き ・治験で発生する関係書類や治験データの管理・保管 ・治験運営体制の整備(業務手順書の作成・更新など)      等   このセミナーでは、より詳しい業務内容について、あなたが具体的なイメージを持てるよう丁寧に説明致します。 また、本セミナーでは、CRCとSMAの役割や将来性、募集企業、転職活動の進め方等もご説明いたします。   MR や看護師/薬剤師はもちろん、理学療法士/臨床工学技士/放射線技師等のカルテを読む機会のある職種の方、学術、医療機器営業等の医療機関へ営業をされていた方、医療事務の方など、医療/ヘルスケア、ライフサイエンスに関与されている幅広い方が受講可能です。   募集企業、勤務地例 シミックヘルスケア・インスティテュート株式会社、株式会社EP綜合 等 *勤務地:全国各地の拠点(企業毎、時期によりに異なります) 北海道、宮城、岩手、福島、富山、新潟、石川、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、岐阜、愛知、大阪、京都、滋賀、兵庫、、和歌山、岡山、広島、山口、香川、愛媛、福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島   対象者 以下のいずれかに合致する経歴をお持ちの方。   1. 看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、放射線技師 等 *学歴不問  *医療系資格保持者でカルテが読める職種 2. 1.以外の病院勤務経験者 *学歴、資格不問  *医療事務、医局秘書、クラーク、診療情報管理士 等 3.治験関連経験者 *学歴不問、文系可  *CRA、QC、SSU、データマネジメント等経験者 4.医療機関向け営業経験者 *学歴不問、文系可  *MR(ジェネリックのみも可)、MS、医療機器営業/学術営業、診断薬営業/学術営業 5.治験業界関連営業 *学歴不問、文系可   *第二新卒の方でも受講可 *求人への応募意思は問いません。情報取集程度でもお気軽にご参加ください   セミナーagenda 本セミナーでは、CRC/SMAの業務内容の詳細や将来性、MR やコメディカルの方々の知識・経験がどう活かせるか、募集企業、内定を取るポイント、転職活動の進め方などを説明致します。   1. introduction 2. 治験の概要 3. 治験関連の職種 4. CRC、SMAの詳細 5. 未経験CRC、SMAの求人 *一部変更になる場合があります   開催方法 Zoom にて開催 *顔出し無し、質問もチャットで構いません。お気軽にご参加ください *スライドを投影するため、可能であれば PC での聴講をお願いします *Zoom の利用経験がない方は、事前に使い方のレクチャー及び通信テストを致します。遠 慮なくお申しつけください   講師氏名、略歴 inspire株式会社 代表取締役 吉原 貴 ・製薬メーカーを中心としたメディカル業界 ・経営企画(戦略、マーケ、人事企画等)/コンサル領域に専門性を持つエージェント/コンサルタント。 メディカル専門の人材紹介会社/フリーランスでのコンサルタント等を経て、メディカル専門の人材紹介会社 inspire(株)を立ち上げる。 CRO(医薬品開発受託機関)での勤務経験等から、製薬業界、特に CRA を中心とした臨床開発関連の職種に精通     inspire株式会社 事業推進部 峰尾 竜徳 大学院卒業後、内資大手 CRO に入社し、臨床開発部に配属。臨床開発モニターとして、 中枢神経領域のプロジェクトに立ち上げ~終了まで携わる。 その後、大手人材情報サービス会社に転職し、研修医向けweb サービスの運営(コンテンツ企画/集客等)を経験する。 メディカル人材向けキャリア支援サイト Medical Career Platform(MCP)の運営実務責任者を担いつつ、人材紹介コンサルタントも担当する。    

メディカル関連業界/職種 転職、キャリア 製薬メーカー 医療機器メーカー CRO SMO CSO 病院・クリニック アカデミア
メディカル/ヘルスケア業界人材向け “Will=やりたいこと”を見出すワークショップ vol.2
受付終了 非会員も参加可能

メディカル/ヘルスケア業界人材向け “Will=やりたいこと”を見出すワークショップ vol.2

2024年1月17日(水) 19:30〜22:00 参加費:通常4400円有料会員2750円

ワークショップ概要 医療やヘルスケアに関わるにあたって、自身の“Will=やりたいこと/実現したいこと”に向き合ったことはありますか? 言い換えると、 ・誰に、どんな貢献をしたいのか? ・会社など他者から与えられたものでない、自身のミッションは? ・そのミッション達成のために、自身は何をしたいのか? 何をすべきなのか? 等を考えたことはあるでしょうか?   皆さまの転職支援を行っていると、多くの方から、 ・やりたいことが見つからない ・自分には何があっているのかがわからない ・やりたいことを考える/探すのだが、自分一人では、なかなか整理ができない ・やりたいことはある程度明確なのだが、壁打ち相手がほしい といった相談をいただきます。   そういったお悩みに答えるべき、“Will=やりたいこと/実現したいこと”を形にするためのワークショップを企画しました。   特徴として、自身のなかにある“Will”をどう見つめ、引き出していくかという方法論の説明とその場で実際にワークしてみるということはもちろんです。ただ、それ以上に様々な側面から医療やヘルスケアに関わる他の参加者との議論を通じて、視野を広げ、新たな刺激を受けられること、医療やヘルスケアをより良くしていきたいと思える仲間に出会えるかもしれないことことこそ、最大の特徴かもしれません。   対象者 メディカル/ヘルスケア関連業界に属している(あるいは過去属していた、これから属したい)方であれば、どなたでも参加可能です。 *医療従事者、製薬会社、医療機器メーカー、CRO/CSO/SMO、医療/ライフサイエンス関連コンサル、食品、アカデミアなど、業界を問いません *文系の方でも問題ありません。メディカル/ヘルスケア関連の方であれば、理系/医療系に限定しません *コーポレート職/事務系の方でも問題ありません。メディカル/ヘルスケア関連の方であれば、医療や研究開発に限定していません *学生、休職・離職中の方、フリーランスの方等も参加可   ※具体的な他者にどう貢献したいかを考えたい方のためのワークショップです。自身がどうありたいかだけを考えたい方は対象外です。 *「自身がどうありたいか」の例:定年まで年収を維持して働くには? MRの年収を維持したまま転職できる業界を知りたい等、自身ありきでやりたいことを考えたい方   セミナーagenda 1.“Will=やりたいこと”を見出すための視点 2.やりたいことの「目標」化と、現状とのギャップ分析 3.ギャップを埋める方向性を考える 4.“Will=やりたいこと”を見出すワーク *ワークシート利用   開催方法 Zoom にて開催 *顔出し必須です *ワークがあるため、パワーポイントを使えるPC での聴講必須   ファシリテーター inspire 株式会社 代表取締役 吉原 貴   ●略歴 ・製薬会を中心としたメディカル業界 ・コンサルティング業界 に専門性を持つエージェント/コンサルタント。 人材派遣での新規事業立ち上げ(製薬関連)、製薬関連企業(CRO)での営業企画・人事・経営企画、戦略/人事系コンサルティング会社でのコンサルタント・経営管理(総務、経理、人事、法務、IT等全般)、メディカル専門の人材紹介会社/フリーランスでのコンサルタントを経て、inspire㈱を立ち上げる。   ●資格 ・2級キャリアコンサルティング技能士(国家資格) ・キャリアカウンセラー(JCDA認定)

メディカル関連業界/職種 転職、キャリア 製薬メーカー 医療機器メーカー CRO SMO CSO コンサルティングファーム シンクタンク 病院・クリニック 医薬品開発戦略 基礎研究 非臨床 臨床開発 メディカルライティング 承認申請 製造 マーケティング メディカルアフェアーズ 市販後
【無料】未経験者向け 医薬品開発CRA職 職種説明会
受付終了 非会員も参加可能

【無料】未経験者向け 医薬品開発CRA職 職種説明会

2024年3月23日(土) 13:00〜15:00

対象者概要 MR や看護師/薬剤師はもちろん、理学療法士/臨床工学技士/放射線技師、基礎・非臨床研究者、学術、医療機器営業の方など、医療/ヘルスケア、ライフサイエンスに関与されている幅広い方が受講可能です。 *第二新卒の方も対象となります *詳細は下記【対象者要件】をご覧ください。   「医療機関に勤務しているが、治療方法が尽きるときがあり、歯がゆい」 「MR をしているが、数字を追いかける仕事で、患者さんへの貢献を感じづらい」 あなたは、そんな思いを持ったことはないでしょうか。   CRA職について 医薬品開発のなかでも臨床試験/治験は、今ない治療薬を作るために実際に人(患者さん) に投与し、有効性や安全性を確かめる仕事です。多くの患者さんはもちろん、特に治療法が (ほとんど)ない希少疾患を抱えている患者さんに希望を提供する仕事なります。 その臨床試験/治験のなかで CRA は、開発中の医薬品を、医療機関において実際に人間に 投与/使用していただき、データを収集することで当該治験薬が本当に有効かつ安全かを実証し、世に送り出す仕事となります。       以前は、製薬メーカーにおける狭き門の職種でしたが、最近は CRO (医薬品開発受託会社)という臨床開発を専門に請け負う会社があり、多くの未経験者に CRA として活躍の場を開いています。 実際、 ・業務範囲に制限の多い MR の方 ・夜勤なし・土日休みを希望するコメディカルの方 等々 が多く転身されています。   本セミナーでは、CRA の役割や将来性、募集企業、転職活動の進め方等をご説明いたします。   募集企業例、勤務地 IQVIAサービシーズ ジャパン株式会社、イーピーエス株式会社、シミック株式会社、株式会社メディサイエンスプラニング、株式会社マイクロン等多数あり   *勤務地:東京、名古屋、大阪、福岡となります(企業毎に異なります)    セミナーagenda 本セミナーでは、CRA の業務内容の詳細や将来性、MR やコメディカルの方々の知識・経験がどう活かせるか、募集企業、内定を取るポイント、転職活動の進め方などを説明致します。   1.医薬品開発の全体像と臨床開発(治験) 2.臨床開発のなかでの CRA の役割、業務内容 3.臨床研究と CRA 4.未経験 CRA 応募に求められる要件 5.未経験 CRA 募集企業、求人例 6.内定獲得のコツ 7.CRA 以外の医療/医薬関連の求人例 *一部変更になる場合があります   対象者要件 以下のいずれかに合致する経歴をお持ちの方。   1.看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、放射線技師 有資格者 *学歴不問 2.治験関連経験者 *学歴不問、文系可  *CRC、QC、SSU、データマネジメント等経験者 3.医療機関向け営業経験者 *大卒以上、文系可  *MR(ジェネリックのみも可)、MS、医療機器営業/学術営業、診断薬営業/学術営業 4.その他製薬関連職種経験者 *大卒以上、文系可  基礎/非臨床研究、PMS、PV、学術 等 5.アカデミア研究者(ポスドク等)  生理学や病態、医薬品(候補物質)に関連する研究をされてきた方 6.その他医療業界関連営業 *大卒以上、文系可  医療機関や製薬会社/研究機関向け営業経験   *第二新卒の方でも受講可 *求人への応募意思は問いません。情報取集程度でもお気軽にご参加ください   開催方法 Zoom にて開催 *顔出し無し、質問もチャットで構いません。お気軽にご参加ください *スライドを投影するため、可能であれば PC での聴講をお願いします   講師氏名、略歴 inspire株式会社 代表取締役 吉原 貴 ・製薬メーカーを中心としたメディカル業界 ・経営企画(戦略、マーケ、人事企画等)/コンサル領域に専門性を持つエージェント/コンサルタント。 メディカル専門の人材紹介会社/フリーランスでのコンサルタント等を経て、メディカル専門の人材紹介会社 inspire(株)を立ち上げる。 CRO(医薬品開発受託機関)での勤務経験等から、製薬業界、特に CRA を中心とした臨床開発関連の職種に精通     inspire株式会社 事業推進部 峰尾 竜徳 大学院卒業後、内資大手 CRO に入社し、臨床開発部に配属。臨床開発モニターとして、 中枢神経領域のプロジェクトに立ち上げ~終了まで携わる。 その後、大手人材情報サービス会社に転職し、研修医向けweb サービスの運営(コンテンツ企画/集客等)を経験する。 メディカル人材向けキャリア支援サイト Medical Career Platform(MCP)の運営実務責任者を担いつつ、人材紹介コンサルタントも担当する。  

メディカル関連業界/職種 転職、キャリア 製薬メーカー 医療機器メーカー CRO SMO CSO 病院・クリニック アカデミア
【無料】未経験者向け 医薬品開発CRA職 職種説明会
受付終了 非会員も参加可能

【無料】未経験者向け 医薬品開発CRA職 職種説明会

2024年2月17日(土) 13:00〜15:00

対象者概要 MR や看護師/薬剤師はもちろん、理学療法士/臨床工学技士/放射線技師、基礎・非臨床研究者、学術、医療機器営業の方など、医療/ヘルスケア、ライフサイエンスに関与されている幅広い方が受講可能です。 *第二新卒の方も対象となります *詳細は下記【対象者要件】をご覧ください。   「医療機関に勤務しているが、治療方法が尽きるときがあり、歯がゆい」 「MR をしているが、数字を追いかける仕事で、患者さんへの貢献を感じづらい」 あなたは、そんな思いを持ったことはないでしょうか。   CRA職について 医薬品開発のなかでも臨床試験/治験は、今ない治療薬を作るために実際に人(患者さん) に投与し、有効性や安全性を確かめる仕事です。多くの患者さんはもちろん、特に治療法が (ほとんど)ない希少疾患を抱えている患者さんに希望を提供する仕事なります。 その臨床試験/治験のなかで CRA は、開発中の医薬品を、医療機関において実際に人間に 投与/使用していただき、データを収集することで当該治験薬が本当に有効かつ安全かを実証し、世に送り出す仕事となります。       以前は、製薬メーカーにおける狭き門の職種でしたが、最近は CRO (医薬品開発受託会社)という臨床開発を専門に請け負う会社があり、多くの未経験者に CRA として活躍の場を開いています。 実際、 ・業務範囲に制限の多い MR の方 ・夜勤なし・土日休みを希望するコメディカルの方 等々 が多く転身されています。   本セミナーでは、CRA の役割や将来性、募集企業、転職活動の進め方等をご説明いたします。   募集企業例、勤務地 IQVIAサービシーズ ジャパン株式会社、イーピーエス株式会社、シミック株式会社、株式会社メディサイエンスプラニング、株式会社マイクロン等多数あり   *勤務地:東京、名古屋、大阪、福岡となります(企業毎に異なります)    セミナーagenda 本セミナーでは、CRA の業務内容の詳細や将来性、MR やコメディカルの方々の知識・経験がどう活かせるか、募集企業、内定を取るポイント、転職活動の進め方などを説明致します。   1.医薬品開発の全体像と臨床開発(治験) 2.臨床開発のなかでの CRA の役割、業務内容 3.臨床研究と CRA 4.未経験 CRA 応募に求められる要件 5.未経験 CRA 募集企業、求人例 6.内定獲得のコツ 7.CRA 以外の医療/医薬関連の求人例 *一部変更になる場合があります   対象者要件 以下のいずれかに合致する経歴をお持ちの方。   1.看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、放射線技師 有資格者 *学歴不問 2.治験関連経験者 *学歴不問、文系可  *CRC、QC、SSU、データマネジメント等経験者 3.医療機関向け営業経験者 *大卒以上、文系可  *MR(ジェネリックのみも可)、MS、医療機器営業/学術営業、診断薬営業/学術営業 4.その他製薬関連職種経験者 *大卒以上、文系可  基礎/非臨床研究、PMS、PV、学術 等 5.アカデミア研究者(ポスドク等)  生理学や病態、医薬品(候補物質)に関連する研究をされてきた方 6.その他医療業界関連営業 *大卒以上、文系可  医療機関や製薬会社/研究機関向け営業経験   *第二新卒の方でも受講可 *求人への応募意思は問いません。情報取集程度でもお気軽にご参加ください   開催方法 Zoom にて開催 *顔出し無し、質問もチャットで構いません。お気軽にご参加ください *スライドを投影するため、可能であれば PC での聴講をお願いします   講師氏名、略歴 inspire株式会社 代表取締役 吉原 貴 ・製薬メーカーを中心としたメディカル業界 ・経営企画(戦略、マーケ、人事企画等)/コンサル領域に専門性を持つエージェント/コンサルタント。 メディカル専門の人材紹介会社/フリーランスでのコンサルタント等を経て、メディカル専門の人材紹介会社 inspire(株)を立ち上げる。 CRO(医薬品開発受託機関)での勤務経験等から、製薬業界、特に CRA を中心とした臨床開発関連の職種に精通     inspire株式会社 事業推進部 峰尾 竜徳 大学院卒業後、内資大手 CRO に入社し、臨床開発部に配属。臨床開発モニターとして、 中枢神経領域のプロジェクトに立ち上げ~終了まで携わる。 その後、大手人材情報サービス会社に転職し、研修医向けweb サービスの運営(コンテンツ企画/集客等)を経験する。 メディカル人材向けキャリア支援サイト Medical Career Platform(MCP)の運営実務責任者を担いつつ、人材紹介コンサルタントも担当する。  

メディカル関連業界/職種 転職、キャリア 製薬メーカー 医療機器メーカー CRO SMO CSO 病院・クリニック アカデミア

関連する求人

エージェント取り扱い求人
【MR】急募 (呼吸器領域)愛知・新潟・福島・熊本・栃木

ご入社後、クライアントである製薬企業のMR活動に携わっていただきます。 【配属先企業】 外資系製薬企業 【ご担当領域】 呼吸器領域(COPD) 【仕事内容】 医療施設を訪問し、ドクターを始め医療従事者に対して医薬品の品質・有効性・安全性などに関する情報の提供、収集、伝達を主に行っていただきます。

  • 450万〜750万
  • 愛知県,新潟県,栃木県,熊本県,福島県
  • CSO

募集中

エージェント取り扱い求人
【MR】2023年12月入社 リモートMR (循環器・感染症・ワクチン領域)東京

ご入社後、クライアントである製薬企業のMR活動に携わっていただきます。 【配属先企業】 外資系製薬企業 【ご担当領域】 循環器・感染症・ワクチン領域 【仕事内容】 MR業務(オンライン専任) インサイドセールス リモートコミュニケーションツールを通じた販売情報提供活動 業務に関するデータ入力・管理・活用・レポート作成 業務に関する社内外関係部門との連携 業務に関する社内外研修受講(eラーニング含む) 社内会議への参加、会議資料の作成 学会、講演会への参加(外出および宿泊を伴う出張の場合あり) 現在担当製品(新担当製品追加可能性あり)

  • 450万〜750万
  • 東京都
  • CSO

募集中

エージェント取り扱い求人
Medical Representative, HEMA, Nishi-chusikoku

仕事内容 当社では、科学を通じて患者の生活を変革するという一つのビジョンにインスパイアされています。がん、血液疾患、免疫系疾患、心血管疾患、そして業界で最も多様で有望なパイプラインの1つである私たちの情熱的な同僚たちは、それぞれ、意味のある変化をもたらすイノベーションに貢献しています。私たちが開拓したすべての治療に人間味をもたらします。私たちと一緒に変化を起こしましょう。 概要 医療機関の関係者に対して、対面或いはオンラインによるコミュニケーションにより科学的データに基づいた適正使用情報の提供、安全性情報の収集・報告を行い、自社製品の速やかな市場導入・普及活動を行う。また製品ごとに承認された条件に従ってPV / PMS活動を実施する。 役割と責任範囲 (下記の記載内容に限定されるわけではありません) 医師、薬剤師、および看護師とのコミュニケーションを取り、当社の企業方針およびプロモーションコードに従って製品をプロモーションする。 担当エリアにおいて自社製品に関する情報提供活動を適切かつスピーディに行い、販売プランの遂行に努める。 継続的に製品・疾患の学習と情報伝達スキルのトレーニングを行い、科学的データに基づいた正確な情報提供活動を医療用医薬品販売情報提供ガイドラインに則り行う。 医療機関の医師、薬剤師、看護師、医療技師とインテグリティに基づいたコミュニケーションを通して信頼関係を構築できる。 REVMATE(一部の製品に必須の適性管理プログラム)を理解し、当該製品採用(予定)施設の医療関係者にプログラムを理解・遵守して頂く事ができる PVおよびPMS活動を期限内に適切な方法で実施する。 特約店担当者と定期的にコミュニケーションし、担当施設における自社品関連動向を管理する。 MRの活動に加え、チーム目標を達成するためにチームの全てのメンバーと適切に連携する。

  • 500万〜900万
  • 東京都
  • 医薬品メーカー(先発医薬品)

募集中

エージェント取り扱い求人
【MR】2023年12月入社 (血液がん領域)宮城/栃木・福島・東京・埼玉・神奈川・甲信地方

ご入社後、クライアントである製薬企業のMR活動に携わっていただきます。 【配属先企業】 外資系製薬企業 【ご担当領域】 オンコロジー領域(血液領域) 【仕事内容】 医療施設を訪問し、ドクターを始め医療従事者に対して医薬品の品質・有効性・安全性などに関する情報の提供、収集、伝達を主に行っていただきます。

  • 450万〜750万
  • 埼玉県,宮城県,山梨県,東京都,栃木県,神奈川県,福島県
  • CSO

募集中